知っておきたい「滅菌(めっきん)」と「消毒」

医薬品・医薬部外品だけに使える言葉として、「殺菌」のほかに「滅菌」「消毒」という言葉もあります。

滅菌

滅菌とは、「あらゆる菌を殺菌する」ことで、とても強力です。日常生活ではあまり耳にする機会はありませんが、病院での手術器具や注射には滅菌が必要とされます。

消毒

消毒とは、細菌の活動を弱めること。人体に有害な物質を除去または無害化することです。生存する微生物の数を減らすために用いられる処置法で、必ずしも微生物をすべて殺滅したり除去したりするものではありません。何をどの程度減らすかにより、高・中・低水準に分かれます。

効果や法律によっていろいろな言葉が使い分けられていますが、その言葉から受けるイメージと実際の効果の差が大きいこともありますよね。それぞれの言葉を正しく理解し、適切な対策グッズを使用することをおすすめします。