トップ > 全ての記事 > ワイズフィルターの素材について

ワイズフィルターの素材について

2018.07.04 | 製品紹介

ワイズフィルターの材質は「アクリル」です。
(※右:エアコン用/壁掛型サイズ)

「アクリル」は「ウール(羊毛)」に似た性質をもっています。 ご家庭ではセーターや肌着、靴下などの衣類や毛布などの寝具、ぬいぐるみやカーペットなど幅広く使用されています。 保温性、染色性(発色性)、弾性回復率がよく、しわになりにくい素材で、日光に強く、耐候性もあります。 外気に長時間さらしても強度はほとんど変わらず、乾湿でも違いがあまり出ません。また、カビや虫害を受けない特徴もあります。

ワイズフィルターはアクリルの繊維に酸化チタン(Tio2)、ハイドロキシアパタイト(Hap)、銀(Ag)で構成された特殊な成分を配合してあり、 不衛生なタンパク質を吸着し、分解します。しかもその効果が継続するので、フィルター自体が汚れるまで使うことができます。

これら吸着・分解効果を高めるために6mmの厚さに加工してあります。また、電化製品等に取り付けて空気が通り抜けることを想定しており、 空気抵抗を最小限に抑えるようになっています。このように裏の文字が透ける程度の目の粗さになっています。

また、電化製品から万が一、発火した場合に延焼を防ぐために「難燃処理」を施してあります。ワイズフィルターを燃やす実験をしてみましたが、 ライターを近づけても燃え広がりはせず、溶けて落ちていきます。

ワイズフィルターを燃やす実験

こちらがフィルターを燃やした時の動画です。 何箇所も火を近づけましたが、燃えずに溶けて穴が空いていきます。